1. HOME
  2. 日々のこと
  3. BRIGADE
  4. 私たちがコンサルティングと名乗らない理由

私たちがコンサルティングと名乗らない理由


コンサルティングでもコンサルタントでもないから

BRIGADEで行っているのは顧客化の対策です。

ご依頼いただく方にコンサルタントと言われたり、コンサルティングを行ってくださいと言われるとき「すみません、私はコンサルタントではないですし、BRIGADEはコンサルティングを行っていません」とお伝えしています。

コンサルティングにはコンサルティングファームが存在し、事業戦略系から業務系、金融系、組織人事系といった専門分野に特化したもの、官公庁向けのシンクタンクや、あらゆる専門分野を一手に手掛ける総合型等があります。

私たちはどれでもありません。
ひとり経営の方の顧客化(想定した方がお客さまとなること)がスムーズに行われるように、商品やサービスを検討し、プロモーションを検討し、ビジュアルを検討し、ディレクションを行う”顧客化の対策”が私たちの仕事です。顧客化の対策は、コンサルティングと呼ばれるのものではないので私たちはコンサルティングと名乗っていません。(商標や利用規約上は便宜上コンサルティングの表示を用いています)

それから、私はコンサルタントではありません。
コンサルタントとはどこまで何をするものなのか、どういった実力があればコンサルタントなのか、何かの資格があればコンサルタントなのか、 どれだけの責任を果たすのがコンサルタントなのかよくわからない(明確な答えが浮かばない)のと、コンサルタントという曖昧で微妙なパワーワードに違和感をおぼえるからです。 なので私はコンサルタントを名乗らないと決めています。

私、正直に言います。数年前お気軽にお声がけいただけたらと、”かかりつけコンサルタント”という名称を付けた名刺を数枚配ったことがありました。その時のことを思い出すと胸がキュッとなります。お手元にその名刺がある方、大変申し訳ありませんでした。拝。

関連記事

error: