1. HOME
  2. 日々のこと
  3. BRIGADE
  4. はじめての方はこちら|BRIGADEについて

はじめての方はこちら|BRIGADEについて

この度は当サイトをご覧いただきありがとうございます。

私たちはBRIGADE(ブリゲイド・ブリゲード)と申します。ひとり経営の個人事業の方や小規模零細の法人の方を対象とした”顧客化の対策”を提供しています。

私たちはBRIGADE(ブリゲイド=旅団)。合図で集合、仕事、解散を繰り返しながら力を磨き続ける旅団的仕事集団です。

2015年、代表の酒井は個人事業を対象としたHPの改善やSNSの活用、チラシの作成等プロモーションに関する支援活動をはじめました。

現在は数名のメンバーとビジネスユニットを組みながらひとり経営(個人事業や従業員が数名の法人)を対象とした包括的な支援”顧客化の対策”を提供しています。

”顧客化の対策”とは私たちが提案するコンパクトな自社ブランド戦略です。土台となる商品やサービスの検討から、デザイン戦略、プロモーション、外注指示まで検討します。

【顧客化の対策でできること】
01:商品やサービスを最適な形に整える(商品・販売計画)
02:商品やサービスの見栄えを整える(ビジュアル/ブランドガイドブック)
03:四季に合わせて購買を喚起する(プロモーション)
04:業務遂行に適したチームを設計する(ディレクション)

”顧客化の対策”は、【商品・販売計画】【ビジュアル】【プロモーション】【ディレクション】の四つで形成されています。

BRIGADE 登録商標第6322843号

大変申し訳ありませんが初回ラポールおよび顧客化の対策のお申込みはBRIGADE squad(ブリゲイドスクワッド=メンバーや協力会社様など)からの紹介制となっています。紹介を受けたお客様はご案内するURLにパスワードを入力してください。打ち合わせの日程などを調整いたします。

私たちが現在対応できるのは小売業の皆さまです

・飲食
・サービス
・物販

に関する商いをされている方が対象となります

書道家・演奏家・武道・華道など、”家・道”に携わる商いをされている方も対応可能です。古典芸能に関わる方は酒井が個人的に対応いたしますのでぜひお声がけください。

恐れ入りますが以下の商いには対応できません

・転売(Amazon・せどりなど)
・ドロップシッピング(無在庫販売)
・ネットワークビジネス
・サロンビジネス
・資格ビジネス
・アフィリエイトビジネス
・投資やギャンブル等の情報商材
・各種コンサルティング(コンサルタント)
 
申し訳ありませんが、士業ではなく業態のみで商いをしている方(○○アドバイザー・○○コンサルタント)も対応できません。何卒ご容赦ください。

BRIGADEでは初回ラポール・打ち合わせ・各種プランの提供までを、オンラインツールを用いて行います。お手数をおかけしますが、ご依頼いただく前にサービスを利用するためのスキルと支援環境(通信環境)をご確認ください。

【スキル】
・自分で通信環境が整えられる(Wi-Fi接続やアプリの使用など)
・パソコンの簡易操作ができる(資料のダウンロードや文字の打ち込みなど)

【支援環境(通信環境)】
・インターネット通信:任意のもの(通信費用等の制限にご注意ください)
・デバイス:任意のパソコン(テキストのやりとりがあるため)
・カメラおよびマイク:任意のもの(打ち合わせ時に使用します)
・オンラインツール:メール・Googlemeet(Googleアカウントの作成をお願いいたします)

多様化し複雑化する顧客のニーズ、テクノロジーの進歩、さまざまな市場や商品の衰退加速。日本の商いを取り巻く環境はここ数年で急激な変化を迎えています。

私たちは経営にまつわるさまざまな対策をほぼ一人で行い、今後増加することが予想される”ひとり経営”を支援し、”時代に合わせて変容できるコンパクトな商いを創出すること”を目的としています。

私たちが対応できるひとり経営・コンパクトな商いの月商目安は200万円以内を想定しています。ご本人に決定の権限がない、決定までに時間を要する事業、規模を持った事業は対応ができません。あらかじめご了承ください。

私の実家はクリーニングの代理店を営んでいました。お店の入り口が玄関で、ガラスの引き戸を開けるたびにチャイムが鳴ります。受け取りカウンターと洋服がかかる棚を通り抜けて、奥の住居に出入りしていました。共働きで帰りの遅い両親、クリーニングの代理店を営んでいた祖母。一生懸命に働くことや「いらっしゃいませ」が当たり前にある環境で育ちました。ここが私の商いの原点です。

私は一生懸命に働くことが楽しく、いらっしゃいませと言うことが大好きです。

最適化のために様々なシステムを導入するのは賛成ですし支援の中では効率化を進める部分もありますが、働く楽しさが失われたり、テクノロジーが人に代わることで商いが”体温を失う”のは寂しいなとも思っています。

体温を失わないと生きていけないと思っている人や場所・価値観があること、そうしないと生き残っていけない市場があることも理解しています。ですが私は私たちのやり方で人とテクノロジーを繋ぎ、ひとり経営の方が働く楽しさや”体温を失わない”商いを続けていけるように支援をしたいと思っています。

顧客化の対策一覧はこちら

関連記事

error: