1. HOME
  2. BRIGADEとは
  3. 顧客化の対策とは

顧客化の対策とは

自社ブランド戦略

私たちは想定した方がお客さまとなることを”顧客化(こきゃくか)”と呼びます。

顧客化のためにはどのような方に、どのような商品を、どのような形で、どのように提供するのか。どのような方法で知っていただいて、どのように再びお買い求めいただくか。

あらゆる計画を発動または継続するために、いつなにを誰が行うのか予算や期間を検討するだけでなく実務を実行しなければなりません。

ひとり経営の顧客化をデザインすること。それはひとり経営のブランディングだと私たちは考えます。

”顧客化の対策”とは私たちが提案するコンパクトな自社ブランド戦略です。土台となる商品やサービスの検討から、デザイン戦略、プロモーション、外注指示まで検討します。

【顧客化の対策でできること】
01:商品やサービスを最適な形に整える(商品・販売計画)
02:商品やサービスの見栄えを整える(ビジュアル/ブランドガイドブック)
03:四季に合わせて購買を喚起する(プロモーション)
04:業務遂行に適したチームを設計する(ディレクション)

”顧客化の対策”は、【商品・販売計画】【ビジュアル/ブランドガイドブック】【プロモーション】【ディレクション】の四つで形成されています。

BRIGADE 登録商標第6322843号

焦点は顧客化

販売チャネルが拡大し、参入者が増え情報発信も簡単に出来るようになった今、経営資源の量も質も企業と異なるひとり経営は実務を戦略的に行わなければ成果が出づらくなるばかりです。

私たちはチラシの制作を行うところからBRIGADEをはじめました。ですが見栄えだけを整えても、立派な事業計画を作っても、求められるときに求められる形で、求めらる商品に整えて現場で提供できなければ売上を立て続けられない(顧客化ができない)と実感しました。

年々工夫を重ねることで、小規模の商品販売計画からビジュアルやプロモーション、ディレクションまでを手掛けるようになったのが現在のBRIGADEです。

私自身14年間自社通販サイトを営み現在も現場で業務を行っています。机上の計画と現場の実務の合致を大切にする実務主義者です。私たちが提案するのは顧客化の対策です。自分の実務経験とBRIGADEでの支援経験を経て「顧客化の対策」を生み出しました。

これからの商いは儲けを生むことと並走して、自社らしい個性を育むこと、個性に応答する方がお客様になるように、商いのあらゆるかたちをデザインすることが大切になると私は考えています。

つまり顧客化をデザインすることが重要ではないかと考えています。

error: