ビジュアル

  1. HOME
  2. ビジュアル

ビジュアルとは

時代に合わせて商品やサービスに
適したビジュアル(見た目や見栄え)を
整えることはひとり経営に必要な
”戦略”であると私たちは考えます。

ビジュアルのデザインは
ターゲットが感じる印象を左右します。
印象を左右するということはその後の
行動(購入や申込)を左右するということ。

私たちはビジュアルを通して商品やサービスの
表現方法(トーンアンドスタイルなど)を検討し
あなたの素質に光を当ててゆきます。

できる・できない・やらない

【できること】
商品やサービスに適した表現方法(トーンアンドスタイルなど)の提案です。商品販売計画と並走しながら検討するため親和性を高めることができます。私たちのテイストはシンプル・ミニマムです。ブログカテゴリー(色と形)より雰囲気をご確認ください。

【できないこと】
お話を伺いながらバランスを検討して提案します。デザインのトレンドやターゲットの嗜好を反映する場合もあるためご要望を100%形にすることはできません。何卒ご容赦ください。

【やらないこと】
実際の商品やサービスを偽る、誇張しすぎる(現物と違い過ぎる)、ターゲットの誤解を招く、不安を煽る、このようなビジュアルは提案しません。またデザインのテイストが私たちと異なるもの(キラキラ・ラグジュアリー系など)は対応ができません。何卒ご容赦ください。


【 ご留意ください 】
ビジュアルはHPやチラシ等の製作サービスではありません。色や雰囲気などを整えたい方は「ブランドガイドブック」をご利用ください。

内容

アイデンティティ

自分のデザインの好み(こうなりたい)と求められる事業デザイン(こうあってほしい)の差を明確にし、自社イメージを整える手段を検討します。

トーンアンドスタイル

トーンアンドスタイル(トーンマナー)。デザイン全体の雰囲気や統一感、取り入れてOK・NGなデザインなどを検討します。

モックアップ

ブランドガイドブックのカタログを使用した簡易的なイメージビジュアルを検討します
※ブランドガイドブックで提供するモックアップとは内容が異なりますのでご注意ください。ブランドガイドブックをご購入の方は、商品販売計画に合わせたモックアップを検討します。

顧客化の対策一覧はこちら

error: